「香港キッド」地球人なのか…。火星人なのか…。その正体は不明。
 喫茶どるめんによく出没するらしい。

 OHOの蓮尾さんとは飲み仲間!?らしい。しかし、「香港キッド」はお酒を飲まないらしい。
 アジア系への旅行が好きらしい。

 そのうち実体が明らかになるであろう…。
 さっそく、旅行記を書いてもらった。


 
1)香港8日間一人旅。
ここ梅田バスタ-ミナルより
始まる。
2)乗るのはコレ。
インド航空。
格安、香港往復32000円。
 

   
3)出ないと思っていた食事が出た。
右下カレ-2種、これがパサパサ細長米とあって美味しい。おかわりはナシ。
上真ん中がデザ-トのム-ス。
これもあまり甘くなく、少し変わった味だが美味しい。
おかわりナシ。
食器類がプラスティック製なのはテロ続出以来のこと?。
けちっているのではない。

4)無事到着。
倒産したと聞いていたスイスエアの飛行機、一枚撮っておこう。
5)以前はカイタック空港。
香港市街地上空をかすめるジェット機でお馴染みのアレ。
新空港はランタオ島の北にあるチェクラブコックという島全部を削って作ったもの。がらがら。
6)香港と言えば
 “二階建てバス”

さっそく乗ります。
実はコレが一番安い。
嬉しいから二階の一番前に座ります。

7)バスからの眺め。
黄昏にそまりつつある。
8)降りたのがここ。
ここより路地に入ったところが7泊するホテル。
9)ホテルはここ。
ドルセットガ-デンホテル。
ネイザンロ-ドより少し入ったところで、会員制クリケット倶楽部横。
南京街にある小じんまりした気楽なところ。

10)さて、食事である。
ホテルを出てネイザンロ-ドへ。
こんなポスタ-があちこちに貼ってある。
11)何度も何度も…。
何度も何度も足を運ぶのがこの一角。
12)テンプルストリ-ト。
テンプルストリ-トは男人街とも呼ばれ、毎夜露天商がにぎやかに店を広げる。
ここがその南端。

次のページへ

▲top